投稿日:2020年5月24日

専門用語解説「根切り工事」とは?

こんにちは!千葉県印西市を拠点に、土木工事・建築工事を請け負っている大晃建設株式会社です。
土木工事をはじめとする建設業には、普段聞きなれない独特な専門用語が存在します。
その中から、今回は弊社でも承っている「根切り工事」について簡単に解説します。

建設業界特有の専門用語

近年、建設業においては建設技術の発展が大変著しく、特に国土交通省が勧める「i-constraction(アイ-コンストラクション)」に関する用語は、その存在感を日々強めています。
建設業界は、日常的に聞きなれない用語が多い世界です。
しかし、実際に建設業界で働く人が全ての用語を覚え、理解しているわけではありません。
全ては実際にその工事を経験することから始まるのです。

「根切り工事」とは

根切り工事とは、建物の基礎工事を行う前に、地面を掘削する工事のことです。
ビルなどを建設するとき、まず初めに地中に建物の土台を作る工事を行います。
建設する建物の高さによって、掘削する深さや土量は異なりますが、どの建物にも施される最初の工事にあたります。
バックホウで掘削した土は、ダンプカーなどで埋め立て用の土として利用されることが多いです。

「根切り工事」の関連工事

根切り工事に関連する工事として、「土留め工事(山留工事)」と「埋戻し工事」があります。
土留め工事とは、掘削してできた穴の側面に壁を作り、側面の土が崩れてこないようにする工事を言います。
建設する土地に余裕がある場合は、掘削する穴はすり鉢状にすることが多いので、穴の側面の土が崩れてくることはあまりありません。
しかし、住宅密集地では土地に余裕がないため、掘削する穴は直角になり、穴の側面が崩れやすくなります。
そのため、根切り工事を行った後は、土が崩れないように施す「土留め工事」と、その後穴をふさぐ「埋戻し工事」が必要なのです。

【求人】大晃建設では新規スタッフを募集中!

弊社では、土木工事や建築工事を一緒に取り組む新規スタッフを募集しております。
未経験者の方のご応募も承っております。
現場での作業は多岐にわたりますが、ベテランスタッフが一つずつ丁寧に指導いたしますので、ご安心ください。
弊社は、東京都や千葉県でマンション・ビル・商業施設・工場など、規模の大きい現場に携わっております。
やりがいのある仕事がしたい、スケールの大きな仕事がしたいと考える皆様からのご応募をお待ちしております。
お気軽に採用情報ページからご応募ください。
最後までご覧頂き誠にありがとうございました。

大晃建設株式会社
〒270-1613
千葉県印西市鎌苅676-7
TEL:0476-99-0113
FAX:0476-99-0313


関連記事

30~60代のスタッフが活躍中!腰を据えて働きたい方、大歓迎

30~60代のスタッフが活躍中!腰を据え…

こんにちは!大晃建設株式会社です。 弊社は、千葉県印西市を拠点に主に東京都・千葉県のビル・マンション …

施工事例①

施工事例①

新事務所のゲートが完成しました!

新事務所のゲートが完成しました!

先日地鎮祭を実施した新事務所(前回のブログはこちら)のゲートが完成しました! とってもカッコいい! …

お問い合わせ  採用情報